1歳クラス5月のマザーグースはHumpty Dumpty

今日は親子英語レッスン1歳児クラスのファーストレッスン。

体験レッスンにみんな来てくれていたので、こどもたちは慣れた様子でお教室に入ってきてくれました。


1歳児さんクラスは満席でのレッスンスタート。こどもたちは元気いっぱい、ママたちもとてもフレンドリー。賑やかな雰囲気で始まりました♪

5月のマザーグース

塀の上に座っているパンプティダンプティが落っこちて割れてしまうとういう定番のマザーグースです。


子どもたちはママのお膝の上に座って、ピアノに合わせてゆったり「Sway, sway」と揺れます。

“a great fall!!”
ゴローンっといっしょに転がります。

“All the king horses…”
体制を立て直して、最後は膝のうえで「Bounce bounce」で終わります。


ポイントはリズムよく動くこと。こどもたちはママのお膝の上で唄のもつ英語のリズムを体で感じとっています。

そしてライミングを意識して歌うこと。

wallfall

menagain

がライミングしていますので、そこを意識してください。特にwall-fallは[ɔ:]の音ですので、日本語の「ウォール」ではなく、アゴを下げて思いっきり口を開いての「ウぁー」という感じです。文字では表現できません…

こどもたちに「ここが韻をふんでるよ!」なんて教える必要はないですよ笑。

繰り返し唄ってライミングを聞かせてあげることで、英語のリズムや音を聞き分ける英語耳が鍛えられます。

予習タイムでママたちは練習をしていたので、レッスンでは私の声よりママの声のほうがよく聞こえていました。

ママの声がこどもたちには一番の刺激です。しっかりこどもたちの耳に英語の音が届いています。

親子英語レッスンでは毎月1つのマザーグースを覚えます。メロディーにのせて歌う、ふれあい遊びをしながら歌う、念仏のようにブツブツ唱える。どんな方法でも言いのでとにかくたくさん口にしてお子さまに聞かせてあげましょう。

子どもたちの英語耳を育てるには、コツコツとママの小さな努力の積み重ねが大切です!

<参考>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です